REALFORCE TKL for Mac 〜 Mac専用の極上の打鍵感のキーボード

Mac

親指シフトという日本語の特殊な入力方法を習得してから10年くらいが経ちました。

速く入力できるという謳い文句が多いですが、私としては楽に入力ができるという感覚の方が大きいです。

設定がやや複雑ですが、腱鞘炎持ちにはこの入力方法がとても負担が少なくて楽です。

キーボードは、PFUのHappy Hacking Keyboard(通称HHKB)を長い間使用してきましたが、この度Realforce版のMac専用キーボードが発売されるということで即購入しました。

フェザータッチと名付けられた打鍵感ですが、HHKBに慣れていた自分にとっては最初は少しキータッチが軽すぎるかなと感じました。

しかしながら、数日使っているうちに手が慣れてきたせいか、かなりすらすらと入力ができるようになり、違和感も全く感じなくなりました。

それからHHKBはテンキーレスなのですが、Realforceの方はフルキーボード版があり、テンキーをDAWや動画編集ソフトのキーボードショートカットにアサインできるのはかなりポイントが高いです。

手の負担がかなり減るので、文字の入力が大量に発生するプログラマーや物書きの方にはとてもおすすめできるキーボードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました