Loudness Penalty 〜 各種配信サービスへのラウドネスチェックプラグイン

DTM

MeterPlugs社が開発しているLoudness Penaltyというプラグインを紹介します。

今やCDを買う時代ではなく、各種サブスクリプションサービスで音楽を聴く時代になりました。

アーティスト側もこれに追随してそれぞれのサービスで曲をリリースしています。

・・・が、問題はそれぞれのサービスのラウドネス基準(音の大きさの基準)値が微妙に異なることです。

今制作中の曲が各サービスで再生された時にどれくらい音が大きく(もしくは小さく)聴こえるかを数値的に表示してくれるのがこのLoudness Penaltyです。

基本的な使い方としては、マスタリング時に一番最後にインサートして、曲を頭から最後まで再生するだけです。

あとは、それぞれのサービスごとに数値が表示され、どれくらいの音量の変化が起こり得るかを数字で表示してくれます。

(チェック後はプラグインをバイパスするのを忘れずに)

ただ、日本から各サービスに曲をリリースする際は、大概の人はアグリゲーター(各サービスに曲を代理申請してくれる会社)を通していると思うので、提出するファイルは1曲につき1つだけとなるでしょう。

ですので、あまり細かな数値にはこだわらずにざっくりとした指標として捉えるのが現状でのベターな方法かなと思われます。

以下、Plugin Boutiqueのリンクです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました