「Claw44の薙刀式のキーマップとカスタマイズなど」

自作キーボード

ふく様が設計、販売している素敵なキーボードである「Claw44」をMac環境で薙刀式配列にて使っているので暫定版ではありますが、ファイルを公開いたします。

Claw44とは? | yfuku docs

以下、私のリポジトリです。
所々KC_NOの穴がある箇所は、自分独自のマクロ等を削除した残骸です。
Forkするか、ファイルをそのままDLしてお好きな場所に格納してお使いください。

qmk_firmware/keyboards/claw44/keymaps/MacNaginata01 at master · yuichibass/qmk_firmware


Claw44のハード面のカスタムですが、私は打鍵音そのものが嫌いなので「静音化」と「軽さ」に徹底的にこだわっています。

スイッチは「NovelKeys Box Cream」をベースにして、スプリングの交換と底打ち音対策、ルブ等を細かくしています。

NovelKeys Box Cream Switches – (10個) – 遊舎工房

底打ち音対策は以下の大岡様の「マシュマロ化」の方法をそのまま真似しています。

【自キ】マシュマロ化のレシピ: 大岡俊彦の作品置き場

スプリングは「Kailh Choc Springs」の数種類を指ごとに変えて変化重的なセッティングにしています。
短いスプリングを使用することでトラベリングの距離を短く感じられるように工夫しました。

Kailh Choc Springs – 遊舎工房

ルブはサラサラしたものが好みなので全て105で統一しています。

キーキャップは薙刀式の考案者の大岡様がmakeで販売しているキーキャップを使用しています。
このように、全体的にカーブしているので自然なタイピングが可能になります。

薙刀式キーキャップ【サドルプロファイル】コルネなど用48個セット – DMM.make クリエイターズマーケット

私のタイピングはかなり特殊で、「撫で打ち」でもなく「突き刺し打ち」でもなく、日本語にするならば「触り打ち」のような底打ちまで到達しないこともあるくらいの打ち方なので、ほとんどの方の参考にはならないと思いますが手指への負担はとても軽いです。

キーボード本体の下にはゴムのクッションを貼り付けています。
素材は現在も模索中ですが、現状はHHKB用のものを切って使っています。


Claw44は私が偉そうに言える立場ではありませんが、とてもよく考えられていて、かつyfuku様のサポートもとても手厚いので初めてキーボードを自作したいという方にも、もちろんそうで無い方にもとてもおすすめなキーボードなのでみなさん是非使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました