違和感のないハモリ(コーラス)生成ソフト2選

DTM

テクノロジーの発展とともに、ボーカル曲のミックスにあたっては、ハモリ(コーラス)の生成は避けては通れない道となりました。

以前は全てを録音していましたが、最近はミキシングエンジニアがハモリを生成することもしばしばです。

私が普段使用している数々のハモリ生成ツールの中から厳選した2つを紹介したいと思います。


Revoice Pro 4

このブログでも紹介したことのあるSYNCHRO ARTS社のRevoice Pro 4です。

独自のアルゴリズムで違和感のないピッチ補正とハモリの生成が可能です。

基本的にどのDAWでも使えます。

操作に慣れは必要ですが、非常に自然なハモリを生成できます。

デメリットがあるとすれば、独特すぎるUIと操作感がありますがこれは慣れれば問題ありません。

日本でのユーザーは非常に少ないので、情報を集めるなら英語力は必須になってくるでしょう。

以下、Plugin Boutiqueのリンクです。


Digital Performer 10

2つめのツールは、MOTU社のDigital Performer 10です。

もともとタイムストレッチのアルゴリズムの良さに定評のあったDPですが、ピッチ補正ツールが内臓されており、それが相当精度が高いです。

ハモリの生成においても、3つのアルゴリズムの中から最適な音質のものを選択することで非常に自然なハモリを生成することができます。

Digital Performerもなかなか日本語の情報は少ないので、必然的に英語での検索が増えると思います。

DAWとしては使用しなくても、タイムストレッチとピッチ補正、ハモリ生成のために所有しておいても損はないソフトです。


以上、日本国内ではあまり見かけないハモリ生成ツールの紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました